ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れがニキビの原因

ホルモンバランスの乱れは、ニキビの原因になります。

 

もちろん、それだけが原因ではないのですがが、
女性の場合、ホルモンバランスの乱れでニキビになることが多いのです。

 

女性の場合、生理があるのは仕方のないことですが、
「生理前になると決まってニキビができる」という人は少なくありません。

 

なぜ生理前になるとニキビが増えるのかというと、
それはホルモンバランスの乱れが原因なのです。

 

女性の場合、生理前は男性ホルモンが過剰になり、
皮脂が多く分泌されるので、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。

 

また、ストレスや不規則な生活、睡眠不足、過度なダイエット、更年期なども、
ホルモンバランスの崩れの要因になります。

 

ホルモンバランスが崩れると、肌の水分量を低下させるので、注意が必要です。
肌の水分量が低下すると、肌を守ろうとして、より皮脂を出すようになるからです。

 

そうなると、結果的に毛穴が詰まってしまい、
余計にニキビが悪化することになります。

 

ホルモンバランスの乱れが原因でニキビができたときは、
いつも以上に念入りなスキンケアが欠かせません。

 

とくに保湿を重視して、スキンケアをしましょう。

 

十分に肌を保湿すれば、肌の水分量が低下することがなく、
皮脂が過剰に出ることもありません。

 

毎日保湿を続けると、ニキビができにくくなります。


このページの先頭へ戻る